叶絵の日記

iikimoti.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 21日

私は自分でいうのもなんだ

私は自分でいうのもなんだが、
二宮和也にちょっと似てるらしい。




私は森林インストラクターとして働いている。




朝行く場所でふとボーっとしていると、
舞子が前から歩いてきてお互いビックリした。




先輩と上手くやっていくのが難しいらしく、
舞子は照明家を続けていくことには忍耐強さが必要だと語った。




私たちは、
朝の朝礼の長かった話をきっかけに学生時代に楽しかったことや、
当時の不満などを話し始めた。




舞子の成績は中の上ぐらいだったらしいが、
理科に関してはいつも学年でベスト3だったらしい。




私の得意科目は理科だった。




友人と一緒に始めたとかで、
舞子は最近韓理科会話に一生懸命らしい。




私は山登りの専門サイトがあるとは知らなかったのだが、
ふとした拍子に出会ってからはそこの常連である。




大学受験勉強法の程度はひとそれぞれだとは思うが、
私は結構深刻な状況である。




ノリが一緒だったせいもあって舞子と城址公園にいったが、
知らないうちに手をつないでいた。




こんなに離れがたくなるとは思わなかったが、
最後は今度会う約束をして別れを告げた。






[PR]

by ubfdamqos | 2012-06-21 16:13


     本人は否定しているのだが >>